通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD > アプリケーション規格
CD Extra
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・応用編 (TTDISKA)
読み:スィーディー-エクストラ
外語:CD Extra
品詞:名詞

CD-DACD-ROMが共存するCD(これをEnhanced CDという)のうち、マルチセッションを採用したもの。

目次
概要

かつては「CD Plus」とも呼ばれていた。

全ての仕様は、規格書「ブルーブック」で規定されている。但しこれはコンフィデンシャルであり公開されていないため、一般の人が入手することは不可能である。

そこで、インターネット上では幾つか独自に解析した結果を報告するWebサイトが存在する。

特徴
基本

具体的には、セッションを二つに分ける。

CD Extraでは、CD-DA部に関する追加の情報(ディスク名、各トラックの曲名、ジャケット画像など)をCD-ROM部に格納することも可能で、そのためのフォーマットも規定している。

発想

CD Extraで採用しているマルチセッションは、通常のオーディオCDプレイヤーはセッション1しか認識しないという点を利用したものである。

これにより、誤ってCD-ROMトラックがCDプレイヤー再生される恐れがないという利点が有るが、CD-ROM部分にアクセスするためにはCD-ROMドライブオペレーティングシステム等の双方がマルチセッションに対応していなければならない。

リンク
関連するリンク
CD Extra解析情報
用語の所属
CD
Enhanced CD
マルチセッション
関連する用語
ISO 9660
CD-DA
CD-ROM
ブルーブック

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic