通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
趣味とスポーツ > 二次元趣味 > キャラクター > 同人・創作系
NEVADA
辞書:萌色用語の基礎知識 萌え用語編 (OZMOEY)
読み:ネバダ
外語:NEVADA
品詞:人名

2ちゃんねるで作られ、一時期流行した萌えキャラの一つ。

目次
特徴

外見は、NEVADAパーカーを着、右手にカッターを持ち、ショートヘアである。

その他、気性が荒く自暴自棄、バスケットボールを嗜み、詩を書いたり絵を描いたりするのが趣味。

将来の目標は漫画家か小説家。友達は少なく孤立、殺しは冷静、等が特徴。

主な台詞に「おはようビームっ!!(@益@ .:;)ノ〓シ〓」、「私の血じゃない」、「うざったてー」などがある。

嫌いな台詞は「何よその変な顔文字は。ふざけてるの?」。

誕生日1992(平成4)年11月21日(さそり座)。コテハンは「♪テ〓゙〓ュ〓オ〓♪」。本名は未成年のため非公開。ネットでは「辻菜摘」だという噂があるが、信憑性は不明である。

初出

時は2004(平成16)年6月1日12:45(@197)頃、長崎県佐世保市東大久保町の市立大久保小学校の三階 学習ルームにおいて、小学6年生の少女がカッターナイフで同級生の友達、御手洗 怜美の首を切り、死亡させるという痛ましい事件が発生した。

もちろん、未成年である加害者の実名や写真などはマスコミからは一切公開されていない(代わりに被害者はプライバシー0の報道)が、しかしそこはインターネットの時代である。情報統制など出来るはずもなく、加害者と思われる少女が写った集合写真を含め、様々な情報が流出した。この写真で加害者はNEVADAと書かれたパーカーを着ていたことから、この時、あだ名はNEVADAに決定したのである。愛称は「NEVADAたん」である。

さて、このおぞましい殺人少女はさておいて、この血液と肉体切断というシチュエーションを元にして、やがて二次元の萌えキャラが作られたのである。アスキーアート(AA)からイラストまで様々な "萌え" が産み出された。

もっとも、この元となった集合写真も含め、確実に加害者であると証拠付きで断定できる写真は実は一枚もなかったりするのだが、創作に現実との符合は必ずしも必要ない。そもそも創作である以上、実在する人物・組織および事件等とは一切関係する必要がなかったのである。

リンク
用語の所属
小学生
関連する用語
2ちゃんねる

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic