通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 車両名 > 大手私鉄 > 東武
スペーシア
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道車両編 (RCAR)
読み:スペーシア
外語:Specia
品詞:固有名詞

東武鉄道特急車両(100系電車)の愛称。

目次
概要

日光線系統に、次の列車が運行されている。全て有料特急である。

日光、きぬがわは、JR新宿駅乗り入れの特急列車で、300系・350系が使われることもある。このうち、100系電車のもののみ、スペーシアの名が冠されている。

特徴
ルート概要

東武日光線の栗橋駅を境に、西側二経路から、東の日光または鬼怒川方面へと走る特急である。目的地(東側)が日光の特急は「けごん」「日光」、鬼怒川の特急は「きぬ」「きぬがわ」となっている。

西側一方は、同東武の伊勢崎線・浅草駅から発となる系統である。「けごん」「きぬ」がある。

西側もう一方は、JR新宿駅から発となる系統である。臨時列車では、他の駅から新宿を経由し、栗橋駅から東武日光線系統に乗り入れるものもある。「日光」「きぬがわ」がある。

JRから/へ乗り入れる場合、栗橋駅で一旦停まるが、客の乗降は出来ない。駅構内の専用線路上で停車し(運転停車)、乗務員の交代のみをする。また、JRと東武の境界にデッドセクションが存在する。

けごん・きぬ

「けごん」は、日光の名滝「華厳の滝」の名を冠した特急である。「きぬ」は「鬼怒川」や「鬼怒川温泉」の名を冠した特急である。双方とも伊勢崎線系統。

「けごん」は日光線終点の東武日光駅まで走り、「きぬ」は下今市駅から東武鬼怒川線に入り同線終点の新藤原駅へ向かう。

スペーシア日光・きぬがわ

その名の通り日光や鬼怒川へ向かう特急である。JR線系統。次の線路を走る。

新宿から大宮までは、いわゆる「湘南新宿ライン」が走る線路を走っている。

日光・きぬがわ共に新宿から下今市までは同じだが、「きぬがわ」は下今市から「きぬ」と同様に東武鬼怒川線に入る。

停車駅は次の通り。JRの駅のみJRを冠した。

リンク
関連するリンク
http://spacia.tobu.co.jp/
関連する用語
DRC
特急
東武鉄道

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic