通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 種類
リニアモーターカー
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:リニアモーターカー
外語:linear motor car
品詞:名詞

リニア(平面)モーターの力で駆動する鉄道

目次
概要

従来型の鉄道に似た形で車両の重さを車輪で支えるものと、車輪を使わず走行する方式とがあり、後者は「浮上式鉄道」と呼ばれる。

通常のモーターは円筒状に作られ回転運動を作るが、リニア(平面)モーターはこれを平面に展開することで、回転運動の代わりに直線運動を作るものである。

特徴
車輪式

車輪を使うタイプのものは、普通の電車では回転するモーターを水平型とする。具体的には、台車に電磁石を取り付け、線路の間にはリアクションプレートを設置し、電磁力で反発力と吸引力を交互に発生させ、推進力を得ることによって進む。

つまり、車輪とレールとの摩擦力によって進むものではないという点が、通常の鉄道との違いである。このため、最小曲線半径を100m、最大勾配を45パーミル程度にすることができ、車体断面も通常の列車より小さくできるので、東京や大阪の地下鉄などですでに採用されている。しかし、通常の鉄道と直通運転ができない、線路の間にプレートが無いと走れないといった欠点もある。

都営・大江戸線・リアクションプレート
都営・大江戸線・リアクションプレート

日本の車輪式リニアモーター推進方式は次の通り。

今後の予定

浮上式

浮上式鉄道は、より高速の列車に採用する方向で研究されているものである。

日本で研究されている方式には、日本航空〜HSSTが中心となっているHSST方式と、国鉄〜鉄道総研が中心となっているMLU方式(マグレブ)がある。

将来的に、品川‐名古屋‐新大阪を結ぶ予定の中央リニア新幹線は、このうちMLU方式(マグレブ)で建設され、実現すれば500km/h(1200km/hBeat)以上での営業運転が可能である。

リンク
関連する用語
鉄道
HSST
MLU
リアクションプレート

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic