通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 鉄道会社 > 地域別 > 北海道運輸局管内 > 北海道
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 鉄道会社 > 第三セクター
北海道ちほく高原鉄道
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道事業者編 (RCOMP)
読み:ほっかいどうちほくこうげんてつどう
品詞:会社名

かつての第三セクター鉄道の運営会社。本社は北海道北見市にあった。

概要

北海道ちほく高原鉄道株式会社は、国鉄池北線を引き継いだ会社で、池田〜北見の「ふるさと銀河線」を営業していた。

全線単線非電化で、総営業キロは140.0km、駅数は33だった。

距離こそ長いが人口密度が低い場所で経営はかなり厳しく、運賃収入だけでの経営が不可能だった。殆ど利用者のない駅の廃止などで効率化しようとしたものの自治体の反対で叶わず、結局会社そのものが破綻した。

リンク
用語の所属
第三セクター鉄道
関連する用語
日本国有鉄道
単線
非電化

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic