通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 鉄道会社 > 地域別 > 関東運輸局管内 > 神奈川
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 鉄道会社 > 大手私鉄 > 小田急
戸塚営業所 (神奈川中央交通)
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道事業者編 (RCOMP)
読み:とつかえいぎょうしょ
品詞:会社名

神奈川中央交通の営業所の一つで、横浜市の南西部、戸塚駅周辺を活動拠点とする。

目次
情報
概要

エリアが重複する営業所に、横浜神奈交バス舞岡操車所(かつての舞岡営業所)、茅ヶ崎営業所がある。

赤字路線は横浜神奈交バスが運行している。

特徴
泉区

戸塚営業所という名であるが、所在地は泉区である。

かつて、戸塚営業所と舞岡営業所で営業所が分割された際、戸塚営業所は立場に設置されたが、当時の立場は戸塚区だった。後に戸塚区から泉区が分割され、またさらに後に営業所も立場から上飯田に移転したが、営業所名は変更されていない。

系統

主に次の系統がある(順不同)。

かつては横浜駅へ乗り入れる横32系統があったが、廃止された。

運賃スタイル

殆どの路線は変動運賃の郊外路線であるため、原則として運賃後払い制である。

一部路線では、前払い制が導入されている。

現行系統
戸(とつか)

岡津・弥生台方面

古くは、戸12として戸塚駅東口と白百合台団地を結び、後に道路開発で弥生台まで伸びたため戸39となった。戸12は番号の再利用で現在は二代目ということになる。


岡津・三ツ境方面

舞岡方面(舞岡)

舞岡に向かう路線は戸22のみ。ブリヂストン前のあと、不動坂の手前で舞岡方面に曲がる。


横浜医療センター・ドリームハイツ方面

バス以外に交通手段のない陸の孤島ドリームハイツと戸塚駅を結ぶドル箱路線である。

かつて存在した幻のモノレールモノレール大船線」の後継としてHSST「ドリームランド線」が計画されたこともあったが、実現せず、ドリームランドも赤字で閉園してしまった。

横浜医療センターは、かつては国立病院と呼ばれていた。


汲沢団地方面

戸53は、かつて長後街道から戸塚駅西口(現「戸塚駅」)に乗り入れる路線だったが、戸塚バスセンターに集約され起点が変更になった。


立場駅・上飯田車庫方面

長後街道経由のバス路線は多種多様に存在したが、現在は大幅に整理された。起点も戸塚バスセンターと戸塚駅西口(現「戸塚駅」)があったが、現在は全て戸塚バスセンターに集約され起点が変更になった。


弥生台方面

戸79は、戸12/戸39のように弥生台駅に向かう路線だが、戸塚駅東口ではなくバスセンター始発である。戸塚駅東口で降りるとエスカレーターがないが、戸79なら戸塚駅西口で降りるとエスカレーターがあるため荷物がある場合などに便利である。


通信隊・立場ターミナル方面

通信隊経由で立場ターミナルに向かう路線。1路線のみ。汲沢は通らないが汲沢経由と表示されている。


金井・大船駅方面

金井高校前と大船駅西口を結ぶ経路には、田谷経由とニコン前経由があるが、「戸」系統は全て田谷経由である。ニコン前を通るのは「船27」系統のみ。


戸塚台・原宿公園方面

原宿公園経由は循環する路線として設定されている。


戸塚駅・上矢部循環

戸塚駅(かつての戸塚駅西口)と上矢部エリアを結ぶ路線として設定。戸90と戸98は午前(13時台まで)と午後(14時以降)で、上矢部高校先回りと領家中学校前先回りが変わる。

戸91は戸90の区間便。戸96は当初は戸塚バスセンター始発だったが、後に戸塚駅始発に変更されている。かつては戸92もあったような気がしたが、なくなったらしい。

上矢部高校は、かつては東戸塚と弥生台を結ぶ東22があったが廃止されたため、駅と結ばれる現行路線は戸塚駅とのみである。鳥が丘南なども、かつては戸79があったが戸塚駅経路に置き換えられた。

戸塚駅の再開発で、辺鄙極まりなかった旧戸塚駅西口はどうかるかと思われたが、当分は安泰のようである。

弥(やよいだい)

かつて弥生台駅から鳥が丘経由立場行きが弥01だったが廃止。周辺道路開発に伴い、新たに設定された。

境(みつきょう)
船(おおふな)

横浜医療センターは、かつては国立病院と呼ばれていた。

船48は公文国際学園直通。殆どスクールバス扱いで一般の利用が想定されていないらしく、神奈中の時刻表検索機能では出てこない。

い(いずみ野)

い06は、午前(12時台まで)と午後(13時以降)で、中屋敷先回りといちょう団地先回りが変わる。

い08は上飯田団地経由のため、団地入口 ‐ 上飯田団地の区間を往復する。

以下は、「い」の番号を持つが立場ターミナル系統。

立(たてば)

立02は、いずみ中央駅を経由する唯一のバス路線。このために、長後街道からわざわざ駅前のロータリーに入り、再び長後街道に戻る。

長(ちょうご)

長後駅のバス停は長後駅西口と長後駅があるが、戸塚営業所は長後駅のみ。

かつては戸塚バスセンターと長後駅を結ぶ戸62が存在したが、横浜市営地下鉄の湘南台延伸に伴い廃止された後、長後救済のため長54はその区間便として設定された。

湘(しょうなんだい)

バス以外に交通手段のない陸の孤島ドリームハイツと湘南台駅を結ぶ路線。

瀬(せや)
下(しもいいだ)

下系統だが、下飯田駅前は通過するのみ。上飯田車庫もドリームハイツも起点に設定しない場所であるため、やむを得ずこうなっているものと思われる。

リンク
関連するリンク
http://www.kanachu.co.jp/
関連する用語
神奈川中央交通
小田急電鉄
神奈中

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic