通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > ISAS系 > ミュー
Μ-Vロケット5号機
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:ミューファイヴ-ロケット-ごごうき
外語:M-V-5
品詞:固有名詞

宇宙科学研究所(ISAS、現JAXA)により開発されたΜ-Vロケットの5号機。

目次
概要

Μ-Vロケットの5号機であり、Μ-Vロケットとして4回目に打ち上げられた。号機番号と打ち上げ順序は一致していない。

2003(平成15)年5月9日13:29:25(@228)に内之浦宇宙空間観測所よりランチャ設定上下角80.8°、発射方位角90.2°で発射され、成功した。

諸元
ロケットの仕様
ペイロード(積載物)
打ち上げ
気象

ロケット打ち上げ時の天候は晴、東の風2.5m/s(2m/cBeat)だった。

計画

Μ-Vロケット5号機は四段式で、四段目にキックモーターが付けられた。

5号機では、二段目を従来のM-24からM-25に、キックモーターを従来のKM-V1からKM-V2にそれぞれ変更している。これにより推力を大幅に増強させた。

前のΜ-Vロケット4号機が打ち上げに失敗しているため、その対策が必要となり、第1段と第3段のノズルスロート素材をグラファイト製から3D-C/C複合材製(3次元カーボン・カーボン複合材)に変更した。

仕様変更が大きいことから、新型ロケットと呼んでも差し支えのないものであった。そしてこれに成功し、打ち上げられた探査機「はやぶさ」は、後に壮大なドラマを産み出すことになるのである。

なお、この開発に伴い、大型の3D-C/C複合材製の国産化といった複合的な結果が得られている。これらの経験や実績は、今後多くの宇宙開発などに貢献していくだろう。

沿革

打ち上げ成功後、MUSES-Cの国際標識は2003-019Aとなり、「はやぶさ」と命名された。

リンク
用語の所属
Μ-Vロケット
JAXA
関連する用語
はやぶさ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic