通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系 > 輸送機等
こうのとり6号機
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:こうのとり-ろくごうき
外語:HTV6
品詞:固有名詞

こうのとり(HTV)の6号機。JAXAの資料では『「こうのとり」6号機』と書かれている。

目次
情報
基本情報
沿革
特徴
延期

元々は2015(平成27)年頃の打ち上げ計画だったが、2016(平成28)年10月1日打ち上げで一旦決定した。

しかしHTV6の射場整備作業実施中、配管の気密検査で微量の漏洩が確認された。必要な修理のためにHTV6モジュールの結合を解除する必要があり、もって打ち上げ延期の旨が2016(平成28)年8月10日に発表された。

今回の積荷の目玉
導電性テザー

構造

宇宙に漂う大型のスペースデブリ(宇宙ゴミ)を取り除くための技術実証である。

長さ700m、重さ約45kgの、アルミニウムとステンレスを素材にして編んだ導電性のワイヤーを3本に束ねた構造となる。「こうのとり」に取り付けておき、物資を国際宇宙ステーション(ISS)に届けた帰還時に、切り離して宇宙に放出する。

テザーが地球の磁場を横切ると誘導起電力が発生し、テザーの両端に電位差が生じる。一端からは電子が放出され、もう一端からはプラズマ電子が集められ、テザーには最大で10mAの電流が流れるようになっている。

この時電流と磁場の干渉によって推力が発生(推力=テザー電流×地球磁場×テザー長)し、この推力を用いてデブリを軌道から除去する。


デブリの除去

スペースデブリは自由運動をしており、軌道上での捕獲は容易ではない。

実際に軌道から除去し、大気圏内に投入させる方法としてJAXAは、次の方法を考えている。

  1. デブリ除去機でデブリに接近
  2. 近傍作業
    • 運動推定
    • 推進系取付(テザー取付)
  3. 導電性テザーの推力で軌道上から除去

今回はこのうち3番目、導電性テザー技術について、検証を実施する。

リチウムイオン電池の輸送

ISS用の電源であり、命綱である、交換用の新型リチウムイオン電池を輸送した。

今回は、国産、「GSユアサ」製が採用されている。

この時点で、ISS向けとして最大の輸送力を持っているのは「こうのとり」であり、ISS用の大型リチウムイオン電池を輸送できるのは「こうのとり」のみである。

この輸送は「こうのとり」にしか出来ないことであり、かつ今回はこれを6個輸送した。

リンク
用語の所属
こうのとり
関連する用語
国際宇宙ステーション
H-IIBロケット
こうのとり5号機
こうのとり7号機

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic