通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 銀河 > 超銀河団 > 局部超銀河団 > 局部銀河群
たて・ケンタウルス腕
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:たて-ケンタウルスわん
外語:Scutum-Centaurus Arm
品詞:名詞

銀河系に確認されている、四本の大きな渦状腕の一つ。たて・みなみじゅうじ腕とも。

目次
概要

地球から見ると、いて・りゅうこつ腕はたて座ケンタウルス座が見える方向の近くに確認されるため、このように呼ばれている。

銀河系は棒渦巻銀河で中心部に棒状構造をもち、その両端から伸びる腕の片方がたて・ケンタウルス腕である。もう片方はペルセウス腕である。

たて・ケンタウルス腕は、「いて・りゅうこつ腕」と「じょうぎ・はくちょう腕」の間にあり、天の北極から銀河系を見て、「じょうぎ・はくちょう腕」より回転方向側に存在する。

特徴

銀河核に近い部分を「たて腕」(Scutum Arm)、遠くなるにつれ「ケンタウルス腕」(Centaurus Arm)と、分けて呼ぶこともある。

このうち銀河核に近い部分(いわゆる「たて腕」付近)は星形成に富んだ領域となっていて、比較的若い恒星が多く集まっている。

前後の渦状腕

(←回転方向) いて・りゅうこつ腕たて・ケンタウルス腕じょうぎ・はくちょう腕

リンク
用語の所属
銀河系
渦状腕
関連する用語
いて・りゅうこつ腕
じょうぎ・はくちょう腕

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic