通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物理 > 物理学者
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙関係者 > 天文学者
アイザック・ニュートン
辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:アイザック-ニュートン
外語:Isaac Newton
品詞:人名

イギリスの物理学者。

目次
個人情報
特徴
功績

力学天文学数学など様々な分野で多大なる業績を残し、現在の科学の基礎を築いた。

力の単位ニュートンとして、今にその名を残している。

木から落ちる林檎の実が万有引力発見のひらめきとなったことは有名である。

ニュートン物理学

ニュートン物理学はマクロでもミクロでも無い、目に見える世界の物理学として基本的な学問である。

特に、ニュートン力学(古典力学)の運動の三法則は重要である。ニュートン力学では、物体は質量を持った点(質点)の集合体とみなして扱う。

第1法則(慣性の法則)

外力がなければ、静止した質点は静止運動状態を維持する。

力が加えられない質点は、等速直線運動を続ける。

第2法則(ニュートンの運動方程式)

ニュートンの運動方程式は、物体の運動を記述するための微分方程式である。

力は質量と加速度の積である。質点の運動の瞬間的変化(微分)は、その力に比例し、力の方向に作用する。

第3法則(作用・反作用の法則)

質点Aが質点Bに力を及ぼしている時、質点Bは質点Aに、方向が逆で力が等しい力を及ぼす。

床に物を置いたとき、物は床に床を押す力を及ぼすが、床も逆方向に床が物を押す力(抗力)を及ぼす。このため、物は床に沈んだり、床から浮かび上がったりすることがない。

リンク
関連する用語
ニュートン
古典力学
ニュートン式望遠鏡
アルベルト・アインシュタイン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic