通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > ISAS系 > イプシロン
イプシロンロケット試験機
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:イプシロンロケット-しけんき
外語:ε-1: Epsilon-1
品詞:固有名詞

宇宙航空研究開発機構(JAXA)により開発されたイプシロンロケットの1号機で、試験機。

目次
概要

イプシロンロケットの第1号機である。

2013(平成25)年9月14日に内之浦宇宙空間観測所より発射方位角112°で打ち上げられ、成功した。

諸元
ロケットの仕様
ペイロード(積載物)
打ち上げ
気象

ロケット打ち上げ時の天候は曇り、東北東の風8.1m/s(7m/cBeat)、気温は27.2℃だった。

計画

当初計画

延期時は、13:00〜14:30の時間枠の中で、打ち上げ日ごとに設定される。

当日、ロケットの自動カウントダウンシーケンス中に姿勢異常を検知したため打ち上げ約19秒前に自動停止、打ち上げは延期された。

その後、27日に延期された。


1回目延期

延期時は、13:45〜14:30の時間枠の中で、打ち上げ日ごとに設定される。

当日、ロケットの自動カウントダウンシーケンス中に姿勢異常を検知したため打ち上げ約19秒前に自動停止、打ち上げは延期された。


2回目延期

当日、「警戒区域に船舶が入り込む可能性が出たため」13:45から14:00に15分発射が延期された。

沿革
情報
飛行計画
分離

惑星分光観測衛星(SPRINT-A)は、以下の軌道で分離する計画だった。

リンク
用語の所属
イプシロンロケット

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic