通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 生理活性物質 > ホルモン
インシュリン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:インシュリン
外語:insulin
品詞:名詞

蛋白質の一つで、血糖値を下げる働きをするホルモン。インスリンともいう。膵臓により作られる。

目次
物質の情報

インシュリンはA鎖(アミノ酸数21)とB鎖(アミノ酸数30)からなり、両鎖間にはジスルフィド結合が二つ存在する。

一次構造

構造は生物によって異なるが、あるヒト用のインシュリン製薬における一次構造は、次のようになっている。

製薬では、B鎖の31位・32位にArg‐Arg、あるいはAsn‐Asn、などとしているものが多いようだ。

二次構造

A鎖の二次構造(立体構造)は、二つのαヘリックスがあり、更に6位と11位がジスルフィド結合で接続されループ構造を作っている。

A鎖とB鎖は二ヶ所でジスルフィド結合しており、A鎖7位とB鎖7位、A鎖20位とB鎖19位がそれぞれ繋がっている。

B鎖の23〜26位付近に形成されるβ構造(βストランド)は、別のB鎖の同位置のβ構造と会合してβシートを形成する。このため、インシュリンは二量体になりやすい。

物質の特徴
生成

インシュリンは膵臓のランゲルハンス島(膵島)のβ細胞により作られ、分泌される。

もしこの分泌に何らかの異常が発生すると、糖尿病となる。

発見

インシュリンはカナダの開業医Frederick Grant Banting(フレデリック・グラント・バンティング)、スコットランドの医学者John James Richard Macleod(ジョン・ジェームズ・リカード・マクラウド)らにより1921(大正10)年に発見された。

かくして、糖尿病は薬物療法が可能な病となり多くの命が救われ、この二人は発見わずか2年後の1923(大正12)年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

バンティングは得た賞金の半分を助手のチャールズ・ベストに、マクラウドも賞金の半分を助手の生化学者バートラム・コリップに、それぞれ与えたとされる。

構造の解析

1953(昭和28)年にイギリスの生化学者Frederick Sanger(フレデリック・サンガー)らにより牛のインシュリンの全アミノ酸配列が解析された。

この成果は、蛋白質の一次構造が決定された初の例でもある。

これらの功績により、サンガーは1958(昭和33)年にノーベル化学賞を受賞した。

リンク
関連する用語
膵臓
ホルモン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic