通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 内分泌系
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 生理活性物質 > ホルモン
ホルモン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ホルモン
外語:hormone
品詞:名詞

内分泌腺で作られる、生物の成長や働きを調節する物質のこと。

目次
概要

ホルモンは微量でも有効な物質で、アミノ酸ペプチド糖蛋白質ステロイドなどがある。

分泌されたホルモンは遠く離れた目的器官へ循環系を用いて届き、分化や成長、発達、分泌などを制御する。

主なホルモン

主としてABC順、50音順。

ホルモン焼き

なお、「ホルモン焼き」などというときのホルモンは意味が全く違い、牛や豚などの臓物のことをいう。

これは、放るもん(捨ててもいいようなもの)→ホルモン、と派生したといわれていて、名前の発案は大阪の北極星を創業した北橋茂男であるとされる。

リンク
関連する器官
内分泌系
循環系

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic