通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 生理活性物質 > ホルモン
抗利尿ホルモン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:こう-りにょうホルモン
外語:ADH: anti-diuretic hormone
品詞:名詞

利尿作用を弱めるホルモン。バソプレシン。

目次
物質の情報

抗利尿ホルモン
抗利尿ホルモン

誘導体、関連物質の例

医薬品としてよく使われるのは、デスモプレシンの酢酸塩である。

デスモプレシン酢酸塩
デスモプレシン酢酸塩

物質の特徴

9つのアミノ酸からなるペプチドである。

機能

睡眠中に脳下垂体の後葉から分泌される。

このホルモンは腎臓内のネフロンの一端である集合管に作用し、ここでの尿の濃縮を調整して作られる尿量を減らす。年齢性別を問わず、生涯必要なホルモンである。

また、バソプレシンの異名があり、末梢血管を収縮させて血圧を上昇させる作用も持っている。

新生児では殆ど分泌されないため、結果として睡眠中も尿が大量に作られておねしょをすることになるが、ある程度成長するとホルモンが働くようになり、おねしょをしなくなる。

先天異常

遺伝病でこのホルモンが先天的に欠乏していると中枢性尿崩症という病気となる。またホルモンが正常でも、何らかの理由で尿細管機能に作用しない場合は腎性尿崩症となる。

これら尿崩症では尿濃縮力に障害があり、もって身体に必要な水分まで尿として排出してしまうため、口渇や多飲、多尿を来す事になる。

その他

腎機能が障害されたり、あるいは高齢者では、抗利尿ホルモンの量は正常であっても腎臓での濃縮力が弱まるため、睡眠中に生成される尿量が減少しない。

リンク
用語の所属
ホルモン
抗利尿作用
ADH
関連する器官
脳下垂体
腎臓
集合管
関連する疾病
おねしょ
夜尿症
尿崩症
関連する用語
尿

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic