通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 神経系 > > 脳幹 > 間脳
視床下部
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:ししょう-かぶ
外語:hypothalamus
品詞:名詞

間脳に分類されるの一部で、第三脳室とされる脳の中央部分にある脳室の壁に存在する。

目次
概要

扁桃体中脳中心灰白質と密接な神経繊維連絡があり、この三部位で情動に関するシステムを構築する。

僅か4gほどの大きさだが、大きく、自律神経系の中枢、内分泌系の中枢、本能の中枢であり、様々な重要な働きをする。

特徴
自律神経系

自律神経系の中枢としては、情動に伴って自律神経系の反応(脈拍数(心拍数)や血圧体温食欲睡眠欲呼吸の変化など)を調整する。

内分泌系

内分泌系の中枢としては、脳下垂体と連携し、ホルモンの働きの調整を担う。

例えば性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GRH)を分泌し脳下垂体前葉より性腺刺激ホルモンを分泌させる。そしてこのホルモンもまたGRHの分泌を抑制するよう負のフィードバックの作用をする。

本能

本能の中枢としては、大きく摂食中枢と飲水中枢がある。

うち摂食中枢は空腹中枢と満腹中枢に分けられ、視床下部の外側に空腹中枢、内側の腹内側核に満腹中枢がある。

リンク
用語の所属

脳幹
間脳
第三脳室
関連する用語
扁桃体
脳下垂体
自律神経
ホルモン
情動
本能

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic