通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 神経系
自律神経
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:じりつ-しんけい
品詞:名詞

末梢神経の一つ。

目次
概要

自律して働く神経である。

大脳からの制御を受けることなく、つまり自分の意思とは無関係に、体表や身体内部からの刺激に対応して独自の制御で働く。

脳幹のうち視床下部が中枢となっており、自律神経は、次のような構成となっている。

特徴

例えば、運動に対応する脈拍数(心拍数)の変化の調整などが、自律神経の働きによるものである。

心拍のペースは、交感神経の神経伝達物質ノルアドレナリンや副腎から分泌されるアドレナリンによって早まり、副交感神経の神経伝達物質アセチルコリンによって緩められる。

リンク
用語の所属
神経系
末梢神経
関連する用語
交感神経
副交感神経
自律

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic