通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 神経伝達物質
神経伝達物質
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:しんけいでんたつぶっしつ
外語:Neurotransmitter
品詞:名詞

神経細胞(ニューロン)で作られ、神経の情報伝達に用いられる物質

目次
概要

作られた神経伝達物質は神経終末部(軸索突起末端)に蓄積され、興奮時にシナプス間隙に放出される。

この物質が他の神経のレセプターに結合することにより信号の伝達を行なうことができる。

特徴

大きくアミノ酸類、アミン類、神経ペプチドに分類できるが、これ以外にも一酸化窒素(NO)も神経伝達物質として扱われている。

アミノ酸類

アミノ酸類には、次のようなものがある。

GABAは抑制性、グルタミン酸は逆に興奮を促進する働きがある。

アミン類

アミン類には、次のようなものがある。

神経ペプチド

神経ペプチドには、次のようなものがある。

リンク
物質の特徴
リガンド
関連する器官
神経
シナプス
レセプター

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic