通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 法令指定物質 > 毒物及び劇物取締法 > 毒物
自然科学 > 化学 > 法令指定物質 > 毒物及び劇物取締法 > 劇物
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 神経伝達物質 > アミン類
ドーパミン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:ドーパミン
外語:Dopamine
品詞:名詞

生物の情報伝達物質の一つ。モノアミン神経伝達物質に属する神経伝達物質の一つで、アミン類カテコールアミンに属する。名前を伸ばさずドパミンと呼ぶこともある。

目次
概要
ドーパミン

ドーパミン
ドーパミン

臭化水素酸塩

ドーパミン臭化水素酸塩
ドーパミン臭化水素酸塩

塩酸塩

ドーパミン塩酸塩
ドーパミン塩酸塩

誘導体、関連物質の例
性質

ヒトでは、中脳黒質から分泌され中枢神経系に存在する神経伝達物質であり、アドレナリンノルアドレナリンの前駆体でもある。

ドーパミンは、変化後の物質の機能も含めると、運動機能の調整、ホルモン調整のほか、感情(快楽、意欲)や学習などに機能する。

これが分泌されれば、頭脳明晰で頭が冴えるようになるため、幸福の原因物質、脳内麻薬とも呼ばれる。分泌不足が良くないのはもちろんだが、過剰分泌も逆に良くない。

毒薬および劇薬指定。

特徴

過剰時、例えば中脳‐辺縁系でドーパミン機能の過剰亢進が起こると統合失調症(精神分裂病)によく見られる幻覚や妄想を発生させる。

不足時、例えば黒質線条体で減少すると、手の震えや運動障害などを生じるパーキンソン病となる。

リンク
用語の所属
モノアミン神経伝達物質
カテコールアミン
副腎皮質ホルモン
関連する用語
セロトニン
ノルアドレナリン
アセチルコリン
ホルモン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic