通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > 骨格・核 > カテコール核
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 神経伝達物質 > アミン類
カテコールアミン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:カテコールアミン
外語:catecholamine
品詞:名詞

分子中にカテコール核を持った生理活性アミンのこと。

目次
概要

生体内では、神経伝達物質として、重要な役割をしている。

具体的には次のような物質が生体内で使われている(順不同)。

特徴

いずれも、基本骨格を同じくしている。

ドーパミン
ドーパミン

ノルアドレナリン
ノルアドレナリン

アドレナリン
アドレナリン

リンク
物質の特徴
カテコール核
神経伝達物質
関連する用語
カテコール
副腎皮質ホルモン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic