通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 生理活性物質 > ホルモン
甲状腺ホルモン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:こうじょうせんホルモン
外語:thyroid hormone
品詞:名詞

甲状腺から分泌されるホルモンのこと。

目次
概要

成長や発育の促進、代謝亢進などの働きをする。

蛋白質炭水化物脂肪代謝に影響することから、生命維持に必要不可欠なホルモンである。

特徴

甲状腺ホルモンは多くても少なくても良くない。多すぎると代謝が過剰になり動悸や高血圧、不眠などになる。一方、少ないと代謝が低下し、体がむくむ(浮腫)、怠い、眠い、寒い、といった症状を示す。

甲状腺ホルモンの材料は沃素(ヨード)である。不足するとホルモンを作れないが、海洋国である日本の場合食品に多く沃素が含まれるので不足することは殆どない。逆に過剰摂取が問題であり、これは甲状腺に良くない。沃素が過剰になると、甲状腺機能低下症、甲状腺腫、甲状腺中毒症などを起こす。

リンク
用語の所属
ホルモン
TH
関連する用語
甲状腺

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic