通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 代謝
代謝
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:たいしゃ
外語:metabolism
品詞:さ変名詞

生体が、生命維持のために行なっている、外界から取り入れた物質を使った合成やエネルギー変換などの一連の化学反応。

目次
概要

生体は、代謝をすることによって必要な物質を合成し、成長や生殖を可能としている。

生物学では、酵素(蛋白質)による燃料(エネルギー)と材料(化合物)の作りなおし化学反応を指して言う。

特徴
エネルギー代謝

生物は、エネルギーや化合物を外界から取り込み、これを分解・利用して自己再生産に必要な化合物に作り替え、増殖することで生きている。

このような化合物の合成や分解を「代謝」といい、延いては、この能力が生物と無生物を別ける基準ともいえる。

エネルギー代謝反応は、次のような処理で構成されている。

他の代謝
リンク
関連する用語
新陳代謝
呼吸
肝臓
アルコール発酵

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic