通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 生理活性物質 > ホルモン
自然科学 > 化学 > 有機物 > 骨格・核 > ステロイド核
テストステロン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:テストステロン
外語:testosterone
品詞:名詞

ステロイドの一つで、アンドロゲン(男性ホルモン)の一つ。精巣(睾丸)で作られる。

目次
情報
基本情報

テストステロン
テストステロン

誘導体、関連物質の例
特徴
ホルモン

男性ホルモンであり、性交ないしオナニーによる性欲の高まりにより血中濃度は上昇し、射精時点を最大として、射精後は減少する。

年齢と共に減少するが、減少は自律神経に支障を来し男性更年期障害を引き起こす。

このホルモンには筋肉や骨格を増強させたり、声を低くするなどの作用があるとされる。

女性でも男性の数パーセント程度だが分泌されており、陰毛の発達などに関与しているとされる。

副作用として、心臓発作を含む心疾患を招く可能性が指摘されている。

脱毛

よく、オナニーによって脱毛するなどと言われるが、オナニーにより増えるテストステロン自体は、脱毛などの作用はない。

テストステロンが代謝されるとジヒドロテストステロン(DHT)が生じ、これは薄毛や精力減退などの副作用があるとされている。

テストステロンからジヒドロテストステロンへは、5αリダクターゼなどと呼ばれる酵素によって変換されるが、一説によると亜鉛(Zn)を摂取することでこの酵素の働きを弱めることができるとされる。

リンク
用語の所属
ステロイド
アンドロゲン
関連する用語
精巣
エストロゲン
男性更年期障害

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic