通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 情報伝達物質 > 生理活性物質 > ホルモン
副甲状腺ホルモン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:ふくこうじょうせんホルモン
外語:PTH: parathyroid hormone
品詞:名詞

副甲状腺(上皮小体)で作られるホルモン。略称はPTH。84個のアミノ酸からなる単鎖のペプチドである。

目次
物質の特徴
機能

主に泌尿系に作用し、もって血中カルシウムを上昇させ、血中濃度と血中重炭酸イオン濃度を減少させる働きがある。

半減期は僅か数分である。

反応

カルシウムは、ホルモンの作用により腎臓では再吸収が増やされ、腸ではビタミンDを介して腸からのカルシウム吸収を増やされ、また破骨細胞に作用し骨の再吸収を促進する。

は、ホルモンの作用で環状アデノシン一燐酸(cAMP)の産生を促進することで近位尿細管からの燐酸排泄を促進する。

重炭酸イオンは、同様にホルモンが近位尿細管に作用し、重炭酸イオンの排泄を促進する。従って機能が亢進しすぎて排泄しすぎてしまうと、pHが減少しアシドーシス(血液の酸性化)を呈する事になるので、バランスが調整される。

類似物質

副甲状腺ホルモンには類似物質があり、副甲状腺ホルモンと同様にPTH受容体に働く。これが様々な臓器で作られては局所的に機能する。

リンク
物質の特徴
ホルモン
関連する器官
副甲状腺
近位尿細管
腎臓
関連する物質
カルシウム


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic