通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 電気工学 > 回路
技術・工学 > 電気 > 電気工学 > 単位
インピーダンス
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:インピーダンス
外語:impedance
品詞:名詞

交流での抵抗値。単位はΩ、記号はZ。

目次
概要

電気回路上で電気の流れを妨げるものを一般に抵抗という。

但し交流と直流では性質が異なるため、直流では抵抗とならないものでも交流では抵抗になるものがあり、それらの抵抗成分を合わせたものがインピーダンスである。

特徴

直流では抵抗にならないが交流では抵抗となるものとしては、コイル誘導性リアクタンス(inductive reactance; 直流では無抵抗)やコンデンサー容量性リアクタンス(capacitive reactance; 直流では絶縁体)などがある。

純抵抗/誘導性リアクタンス/容量性リアクタンスを持つ素子が直列に繋がっている場合は、次の式で表わされる。

Z=√(R2 + (XL-XC)2)

Z=インピーダンス、R=抵抗、XL=誘導性リアクタンス、XC=容量性リアクタンス

リンク
関連する用語
交流
抵抗値
共振周波数
ハイインピーダンス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic