通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 太陽系 > 惑星系 > 惑星 > 地名・現象 > 火星
オリンポス山
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体地理編 (USTLG)
読み:オリンポスさん
外語:Olympus Mons
品詞:その他地名

火星タルシス台地にある、火星最大の火山。オリンパス山とも。

目次
概要

単独峰としては太陽系の最高峰である。

特徴
語源

ギリシャ神話では、オリンポス十二神が住んだとされるギリシャの最高峰がオリンポス山である。この神話の山は、ギリシャのテッサリア地方にある山、オリンポス山に因んでいる。

但し火星のオリンポス山の命名は神話起源でも地球の地名由来でもなく、この付近の旧名ニクス・オリンピカ(Nix Olympica)にある山ということで、命名されている。

死火山

火山であるが、既に死火山である。

但し最近の説では、休火山とするものもある。

規模

ハワイの火山と似た性質があるとされるが、その大きさは桁違いである。

高さはハワイ・マウナロア火山(海抜約9km)や地球最高峰であるチョモランマ山(標高8848m)の実に3倍、山体の体積比でもマウナロア山の50〜100倍になる。

頂上には直径90kmものカルデラがある。

リンク
用語の所属
火星
タルシス台地

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic