通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 太陽系 > 惑星系 > 惑星 > 地名・現象 > 土星
カッシーニの間隙
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:カッシーニのかんげき
外語:Cassini Division
品詞:名詞

1675(延宝3)年にイタリアの天文学者カッシーニが発見した、土星の環のA環とB環の間に見られる隙間のこと。

概要

土星の環は土星からD環、C環、B環、A環、F環、G環、E環の順に存在し、地球からはA〜C環を観ることができる。

当時は完全な隙間かと思われたが、1980(昭和55)年のボイジャー2号の観測により、間隙には5本の細い環(小環)が存在することが明らかとなった。

リンク
関連する用語
土星
ジョバンニ・ドメニコ・カッシーニ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic