通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > ダイオード
ショットキーバリアダイオード
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:ショットキーバリアダイオード
外語:schottky diode
品詞:名詞

金属半導体の接合により形成されるショットキーバリア(ショットキー障壁)を利用したダイオード。「ショットキーダイオード」とも。

目次
概要

金属と半導体で整流性(ダイオード特性)が得られる接合をショットキー接合という。

このとき、金属と半導体の接合部には電子に対するポテンシャルエネルギー障壁が形成され、これをショットキーバリア(ショットキー障壁)という。

ショットキーバリア(ショットキー障壁)はダイオードとして利用できる特性を持つことから、これを応用したものがショットキーバリアダイオードとなる。

特徴
原理

通常の半導体ダイオードはpn接合の整流作用を利用している。

pn接合が少数キャリアを利用するのに対して、ショットキー接合は多数キャリアで動作するため、順方向電圧が小さく逆回復時間が短いことから、高速スイッチング動作に適している。

利点と欠点

順方向の電圧降下が少ないことと、高速性に優れることが特徴である。

弱点としては、逆方向耐電圧が低いことが挙げられる。

リンク
用語の所属
ダイオード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic