通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 探査機 > 計画 > パイオニア
パイオニア
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:パイオニア
外語:Pioneer
品詞:固有名詞

アメリカの惑星探査機計画。およびその際に使われた宇宙探査機の名。英語で開拓者/先駆者/草分けの意。

目次
概要

1958(昭和33)年10月〜1978(昭和53)年8月まで、NASAにより計11機が打ち上げられた探査機のシリーズである。

1〜4号機は月探査機、5〜9号機は太陽探査機、10〜11号機は木星探査機である。

12〜13号はパイオニア・ヴィーナス号と名を改め金星探査機となった。

一覧
功績

いずれも優れた功績を残したが、特に10〜11号の功績は大きい。

宇宙人へのメッセージ

この探査機は太陽系外に脱出する事が前提となっていたため、探査機本体には9インチ(22.86cm)×6インチ(15.24cm)の金メッキされたアルミニウム板がボルトにより固定され、人間の男女の裸姿、および銀河系内における太陽と地球の位置などが刻み込まれた。

これは、地球外知的生命体に遭遇した際の人類からのメッセージである。

耐久試験

また10〜11号の両機ともに計測器の耐久試験を兼ねており、小惑星帯の通過や木星の強磁気圏を経由しても故障しないかが調べられた。

この時の観測データは後のボイジャー計画のための貴重なデータとして活用されていて、結果ボイジャーは未だ正常に稼働する頑強な探査機となった。

リンク
関連するリンク
http://www.nasa.gov/mission_pages/pioneer/
飾り額
用語の所属
宇宙探査機
関連する用語
NASA
ボイジャー
マゼラン
マリナー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic