通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 中枢神経用剤(11) > 総合感冒剤(118)
ピリン系
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:ぴりんけい
品詞:名詞

解熱鎮痛消炎剤の一分類。化学構造中にピラゾロン骨格を持つもの。

目次
概要

大きく、ピラゾロン誘導体と、ピラゾリジン誘導体がある。

イソプロピルアンチピリン(IPA)、アミノピリン、スルピリンなどが該当する。

現在では使用例が少なく、商品としてはセデスGやサリドンなどがあった。

特徴

ちなみに、アスピリンはピリン系ではない。

アスピリンは商品名で、実際の成分名は非ピリン系のアセチルサリチル酸である。

リンク
用語の所属
解熱鎮痛消炎剤
NSAIDs
関連する用語
イソプロピルアンチピリン
非ピリン系

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic