通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 種類 > 恒星
フラムスティード番号
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:フラムスティードばんごう
品詞:名詞

イギリスの天文学者フラムスティードによって考案された恒星の命名法。フラムスチード番号ともいう。

目次
概要

星座ごとに、赤経順(西から順)に通し番号を付けて命名する。イギリスから見える52の星座の主要な星に番号が付けられた。

この番号のあとに星座名を表わす学名を付け、どの星座の何番星かで星が命名される。

特徴

例えばオリオン座の場合、α星ベテルギウスは58番星、β星リゲルは19番星、などとなる。

バイエル符号とフラムスティード番号が両方付いた星は多いが、一般にバイエル符号が優先されるため、フラムスティード番号で呼ばれるのはバイエル符号がない星である。例えば、はくちょう座61番星などが著名な星である。

リンク
関連する用語
バイエル符号

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic