通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 感覚器官用薬(13) > 耳鼻科用剤(132)
プロピオン酸フルチカゾン
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:プロピオンさんフルチカゾン
外語:fluticasone propionate
品詞:名詞

分子式C25H31F3O5S、分子量500.575。CAS番号80474-14-2。

プロピオン酸フルチカゾン
プロピオン酸フルチカゾン

花粉症などのアレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎、気管支炎など様々な炎症を抑える副腎皮質ホルモンで、ステロイドホルモンの一種。鼻炎には点鼻液、気管支炎には吸入剤とする。

鼻炎用剤であれば、鼻炎に伴うくしゃみ・鼻水・鼻詰まりに効果がある。用量は成人で各鼻腔ごとに1噴射50μgを朝夕各一回、小児は同様に1噴射25μgである。回数は症状により加減するが、上限は1日8噴射。

この薬剤は局所的に作用するため、全身への副作用は殆ど見られないとされる。

リンク
物質の特徴
ステロイドホルモン
副腎皮質ホルモン
ステロイド剤
関連する物質
フルチカゾン
プロピオン酸

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic