通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 星列
マルカリアンの鎖
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:まるかりあんのくさり
外語:Markarian's Chain
品詞:固有名詞

おとめ座銀河団を構成するサブクラスターの一つで、弧を描くように曲線状に銀河が並んでいるため鎖と呼ばれている。

目次
概要

単に並んでいるだけではなく、固有運動が観測されている。

この固有運動を発見したアルメニアの天体物理学者ベンジャミン・マルカリアン(Benjamin Markarian)にちなんで、マルカリアンの鎖と命名された。

特徴

マルカリアンの鎖は写真でみると6個のまとまりで見られ、うち二つはそれぞれ二つの銀河からなる。順番に次のように並んでいる。

6個のまとまり以外にも多数の銀河が周辺に見られるが、それらの銀河の固有運動は不明であり、偶然重なって見えるだけではないかともされている。

リンク
用語の所属
おとめ座銀河団

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic