通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 命令
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術
リテラルプール
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:リテラルプール
外語:literal pool
品詞:名詞

直定数(リテラル)が集められる場所。

目次
概要

ほとんどのRISCは命令語長が固定長で、大きな値をイミディエイト(即値)にできない。

オペコードの表現に必要なビット数を考えれば、たとえば16ビットの即値代入命令を16ビット固定長命令として表現できないことは明らかである。

そこでこのような大きな直定数(リテラル)は、そのサブルーチンの直前か直後にまとめて配置する。これがリテラルプールで、即値代入命令はPC相対でその値をロードすることになる。

特徴

例えばARMの場合、手作業で書くときは次のようになる。

LDR r0, [pc, #オフセット]

ARMのアセンブラーは、次のように書くことでlabelを自動的にリテラルプールに置き、命令をPC相対ロードに置き換える。

LDR r0, =label

レジスターはr0以外でもよい。

リンク
関連する用語
PC相対

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic