通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > アドレッシング
イミディエイト
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:イミディエイト
外語:immediate
品詞:名詞

即値。プロセッサーに与える命令のうち、数値が直接記述されている部分。あるいはその値のこと。

目次
概要

レジスターに値を代入する場合や加減算、論理演算などの、その引数となる値。

Z80でいえば、LD A,10の10や、ADD A,5の5が該当する。

特徴

プロセッサーから見て、8ビット・16ビット・32ビットと様々な長さの命令を揃えた場合、それぞれで命令コード長を変えざるを得ない。しかし可変長命令は、CISCであれば普通でも、RISCでは効率の向上が難しくなるため非現実的となる。

そこでPICのように8ビットしか扱えない設計となったり、SuperHのようにイミディエイトで引数を与えられるのは符号付き8ビットまでで、それ以外はメモリー上に置かれた値を間接アクセスする仕様となったりする。こうしてPICもSuperHも命令長を固定長とすることに成功した。

リンク
関連する用語
オペコード
CISC
RISC
PIC
SuperH

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic