通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学
リボソーム
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:りぼそーむ
外語:ribosome
品詞:名詞

細胞の細胞質内にある、mRNAの遺伝情報を読み取り蛋白質へと変換する「翻訳」を行なう細胞内小器官(オルガネラ)。

目次
概要

リボソームは、原核生物真核生物を問わず、あらゆる生物の細胞内に存在する。

あらゆる生物はDNAで遺伝情報を記述しているため、それを読み取る装置としてリボソームは存在している。このことから、リボソームは、細胞が成立するよりも前から存在していたと思われる。

特徴
分類

リボソームは、存在位置によって大きく二つに分類される。

構造

リボソームは、数本のRNA分子と50種類程度の蛋白質からなる巨大なRNA・蛋白質複合体である。全体として大小2つのサブユニットから構成されており、古細菌と原核生物はそれぞれ50Sサブユニット、30Sサブユニット、真核生物はそれぞれ60Sサブユニット、40Sサブユニット、と呼ばれている。

リンク
用語の所属
細胞内小器官

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic