通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 感覚系
侵害受容器
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:しんがい-じゅようき
外語:nociceptor
品詞:名詞

体組織を破壊しうるような刺激、つまり侵害刺激に反応する感覚受容器のこと。

この疼痛の受容器は、強い刺激、高い温度による熱刺激、組織を傷害する物質などの侵害刺激に特異的に反応する受容器である。

疼痛には損傷時にすぐに鋭い痛みを感じ、かつ痛みを感じた部位が識別可能な一次疼痛と、損傷から遅れて鈍痛を感じ、かつ痛みを感じた部位を識別しにくい二次疼痛がある。

一次疼痛には高閾値機械受容器など、二次疼痛にはポリモーダル受容器などが知られる。

リンク
該当する受容器
高閾値機械受容器
ポリモーダル受容器
関連する用語
一次疼痛
二次疼痛

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic