通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 疾病・症状
偽陽性
辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:ぎようせい
外語:false positive
品詞:名詞

医学的な検査における所見で、誤って陽性と判定したもの。

概要

ある疾患で陽性を示すとする検査を実施したが、その疾患にかかっていない人でも陽性を示すことがあり、こういった判定を偽陽性という。

例えば梅毒検査では、病原体である梅毒トレポネーマを直接確認するのが望ましいが、殆どの場合は血清診断でなされ、RPRとTPHAが多く使われる。RPR法に代表されるSTSや、TPHAほかTP抗原法は梅毒トレポネーマ(TP)に特異性が高いとされるが、口腔トレポネーマなどの他のトレポネーマや、他の感染症、および膠原病などで偽陽性が出ることがある。

また、リウマチの検査であるリウマチ因子(RF)も、偽陽性率が10〜15%程度あるなど、偽陽性率が高いことで知られる。

なお、「疑陽性」は語感が似ているが、全く意味の異なる語である。

リンク
関連する用語
陽性
陰性
疑陽性

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic