通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 種類・法的区分
化粧品
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:けしょうひん
外語:cosmetic
品詞:名詞

薬事法による薬品の規定の一つ。

目次
定義

薬事法により、人の身体を、清潔・美化・魅力向上、容貌の変化、または皮膚や毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものが「化粧品」とされている。

成分表示

薬事法により成分表示が義務づけられている。

従来は肌に対しアレルギーなどの原因となる可能性のある102種類の成分を「表示指定成分」として表示が義務付けられていたが、2001(平成13)年4月からは薬事法が改正され、全成分の表示が義務となった。

リンク
関連する用語
OTC薬

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic