通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 排泄系 > 皮膚
皮膚
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:ひふ
外語:skin
品詞:名詞

動物において最大の面積を持つ臓器。身体の表面を覆う器官。この内側にある臓器を内臓という。

目次
概要

皮膚は複数の層に分かれている。表面に近い部分から順に、次の通り。

特徴
真皮

表皮最下層である基底層が真皮と接しており、真皮には血管神経、汗腺、脂腺などの組織がある。

皮膚炎の代表であるアトピー性皮膚炎は、真皮線維芽細胞から神経栄養因子アルテミンがサブスタンスP(P物質)によって誘導され、神経が発達することにより生じることが知られる。

吸収

皮膚は基本的には排泄器官であるが、分子量の小さいものであれば吸収することもできる。

吸収可能な最大分子量は500とも1000とも3000とも言われるが、何れにしてもあまりに大きな分子は吸収できない。

火傷

人間の場合、皮膚の約6割が(火傷などにより)失われると、体内の環境保護ができなくなり、死に致る。

皮膚呼吸が出来無くなって死ぬわけではない。

リンク
用語の所属
臓器
関連する用語
内臓
コラーゲン
皮膚呼吸
アトピー性皮膚炎
皮膚がん
皮膚科

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic