通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 繊維 > 食物繊維
自然科学 > 化学 > 有機物 > アミノ酸・蛋白質 > 蛋白質
コラーゲン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:コラーゲン
外語:collagen
品詞:名詞

膠原質。皮膚の主成分である蛋白質食物繊維の一種でもある。

目次
概要

皮膚は、水分を除くと約7割がコラーゲンであり、これが細胞を繋ぐ働きをしている。

骨ではカルシウムなどのミネラルを骨組織に繋げる働きがある。

分子量は約30万と一般に言われている。

特徴
ゼラチン

動物から高温で抽出し変性させたコラーゲンがゼラチンである。工業的には、牛や豚の皮や骨、魚残滓などから抽出し製造されている。

熱でコラーゲンが持つ三重らせん構造(立体構造)が壊れるため性質が変化しており、実質的に別の物質であるが、これを「コラーゲン」と表示して販売しても違法ではない。コラーゲンのままでは吸収されにくいが、ゼラチンは分解されやすいため良いアミノ酸源となる。

菓子の「ゼリー」や、菓子類、健康補助食品、化粧品、医薬品の基質など、様々な場所で使われている。

健康食品として

疑似科学

コラーゲンが健康食品やサプリメントとして提供されることもあるが、殆どが疑似科学という詐欺である。

コラーゲンという横文字だと科学的に見えるようだが、実際は膠(にかわ、ゼラチン)の元である。

膠(にかわ)は昔からある糊で、肌に薄く塗れば、ぴんと張り感が出る。このため化粧品に使われることが多いが、良くも悪くも、ただの糊である。


蛋白質

そもそも、コラーゲンは蛋白質である。コラーゲンを食べると、胃腸で消化されアミノ酸に分解される。つまり、コラーゲンがそのまま吸収されることは、絶対にない。

コラーゲンは、グリシンプロリン(ヒドロキシプロリン)の割合が多い、質の悪い蛋白質でもある。それならば、きちんと肉やを食べた方がバランス的にもよい。

更に、コラーゲンは必須アミノ酸トリプトファンを全く含まないため、もし万一、コラーゲンだけを食べ続けるようなことがあれば、いずれ死ぬ。


コラーゲン鍋

コラーゲン鍋なる料理がある。

しかし、このような鍋料理を食べてみても、アミノ酸の補給にはなるだろうが、薬効的な効果は期待できない。人為的に摂取しても、喧伝されるような効果(美容など)は得られない。

もし、コラーゲンを食べて体内にコラーゲンが増えるのであれば、脳味噌を食べれば脳内に脳味噌が増えて頭が良くなる、とも言うことができるが、現実にはそのようなことは存在していない。

主な食品
リンク
用語の所属
蛋白質
関連する用語

皮膚
化粧品
疑似科学

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic