通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 星列
北斗七星
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:ほくとしちせい
外語:big dipper
品詞:固有名詞

おおぐま座のうち、星座絵図では熊の尻尾部分にある、明るい七つの星の星列のこと。

概要

柄杓のように見えるため、それを意味する「斗」を用いて、北斗七星と命名された。

日本からは、一年中この北斗七星を見ることができるが、最も見やすい夕方宵の口に見られるのは早春の頃である。

柄杓の器側から柄側に向かって、順に次のように名前が付いている。

  1. ドゥベ (α星)
  2. メラク (β星)
  3. フェクダ (γ星)
  4. メグレズ (δ星)
  5. アリオト (ε星)
  6. ミザール (ζ星)
  7. アルカイド (η星)
リンク
用語の所属
おおぐま座

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic