通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 用語
南回帰線
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:みなみ-かいきせん
外語:Tropic of Capricorn
品詞:名詞

回帰線のうち、南半球に位置するもの。

目次
概要

地球では、南緯約23度26分であるが、毎年変動している。

このため、赤道の長さなどと違い、回帰線の長さなどは定義することができない。

特徴

北半球での冬至に、太陽がこの真上を通る線である。

現在の冬至点いて座にあるが、約3000年前に西洋占星術が作られた頃にはやぎ座にあり、西洋占星術の磨羯宮も冬至点から始まるため、英語では南回帰線を「Tropic of Capricorn」(やぎ座の回帰線)といい、他の西洋語でも同様に呼ばれている。

リンク
用語の所属
回帰線
関連する用語
熱帯
北回帰線

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic