通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 現象
対生成
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ついせいせい
外語:pair production
品詞:さ変名詞

空間のある一点に大きなエネルギーが集中した時、粒子と反粒子(物質反物質)、例えば電子陽電子が生じる現象。対消滅の逆。

概要

「場の量子論」においては、場が大きく振動した際に、そのエネルギーにより真空より粒子と反粒子の対が生まれるとされる。

空間のある一点に電子+陽電子のエネルギーの和以上のエネルギーが集中した時、例えばある原子核に対応するエネルギー以上のエネルギーを持った光子が衝突すると、電子と陽電子の対生成が起こる。

リンク
関連する用語
物質
反物質
エネルギー
対消滅

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic