通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙関係者 > 天文学者
自然科学 > 物理 > 物理学者
小柴昌俊
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:こしば-まさとし
外語:KOSHIBA Masatoshi
品詞:人名

ニュートリノ天文学という学問を切り開いた実験物理学者。ニュートリノ観測施設であるカミオカンデ及びスーパーカミオカンデを建設した。

まずカミオカンデによって、恒星に鉄の核ができ、重力崩壊して中性子星になる際、恒星の外層が吹き飛ばされて超新星爆発をおこすという、それまでの理論が正しいことを証明した。また、太陽ニュートリノに関する実験を行なったRaymond Davis Jr(レイモンド・デイビス・ジュニア)の実験が正しいことを確認した。

そしてスーパーカミオカンデを建設、大気ニュートリノの実験を行ない、ニュートリノが0.1eV程度の極めて小さな、有限の質量を持つことを世界で初めて実証したのである。

これらの功績を称えられて様々な賞を受賞しており、2002(平成14)年にはノーベル物理学賞を受賞した。受賞理由は「天体物理学、特に宇宙ニュートリノ検出の開拓に貢献」(for pioneering contributions to astrophysics、in particular for the detection of cosmic neutrinos)である。

2003(平成15)年10月1日、小柴昌俊がこのノーベル賞やウルフ賞の賞金合計4000万円、カミオカンデの開発を支えた晝馬(ひるま)輝夫・浜松ホトニクス社長が私財から6000万円を提供し、子供たちへの理科教育の向上をめざす "平成基礎科学財団" を設立した。

リンク
関連するリンク
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/koshiba/
関連する用語
ニュートリノ天文学
カミオカンデ
スーパーカミオカンデ
超新星
天文学者
ノーベル賞

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic