通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 用語 > 毒性・薬理
有効量
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:ゆうこうりょう
外語:effect size
品詞:名詞

薬物において、効果が出る投与量。「効果量」とも。

目次
概要

医薬品などでは、試験動物で、半数有効量が確認されることがある。

特徴

使い始めでは効いていた量でも、徐々に、量を増やさないと効かなくなることがある。

これが耐性である。

耐性が付いた場合は、その時点での有効量まで服用量を増やす必要が生じるが、耐性が致死量を超えてしまった場合は、それ以上その薬物を使用することができなくなったことを意味する。

リンク
関連する用語
ED50
極量
耐性
中毒量
致死量

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic