通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 用語 > 同位体・原子力
核分裂生成物
辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・用語編 (NELEMY)
読み:かくぶんれつせいせいぶつ
外語:fission product
品詞:名詞

核分裂によって生成される核種。

目次
概要

核分裂する場合、均等に割れるということはまずなく、一方が重く、一方が軽い、ということになる。核分裂する元となる核種ごとに特徴的な分布を持つため、核分裂生成物の分析により、元の核種を推定することも可能。

ウラン235の核分裂生成物の場合、重い方は140前後、軽い方は95前後となり、120前後の生成物は少ない。横軸に生成物質量数、縦軸に核分裂収率を描くと、M字型となるのが特徴である。

このようなことになるのは、分裂する場合でも安定した核種になろうとするためである。

特徴

核分裂生成物は陽子数と中性子数が概ね不均衡であり、安定しない。

多くは、陽子数と中性子数が均衡するまでβ崩壊することになり、このために放射能を持っている。

例えば、ウラン235の核分裂による主な核分裂生成物(質量数順)には次のようなものがある(更にβ崩壊や中性子捕獲で別核種に変わっていくが、それらについては触れない)。

リンク
用語の所属
FP
関連する用語
核分裂

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic