通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 器具・道具
眼鏡
辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:めがね
外語:glasses
品詞:名詞

視力の矯正、強力なからの目の保護などをするための器具。

目次
概要

左右の目の前に、用途に応じて凹レンズまたは凸レンズ、あるいは色ガラスなどを置くものである。

この目的のため耳に掛けられるような形状をした枠を用い、これを一般に眼鏡という。

特徴
構造

呼称は様々ある。

分類

屈折分類

矯正する屈折異常の種類に応じて、三種類のレンズが使われる。


レンズ形状

レンズには様々なものがある。

レンズは形状に応じて、球面レンズ非球面レンズに分類されるが、眼鏡ではいずれも使われている。


レンズ材質

透明で光を屈折させられ、かつ加工性が良ければ概ね何でも使えるが、現在は主に次が使われる。

プラスチックレンズ
  • 利点
    • 割れにくい
    • 軽い
    • 染色が自在
  • 欠点
    • 傷が付きやすい
    • レンズが厚い
    • 熱に弱い
ガラスレンズ
  • 利点
    • 傷が付きにくい
    • レンズが薄い
    • 熱に強い
  • 欠点
    • 割れやすい
    • 重い
    • 染色が難しい

プラスチックとガラスで、概ね正反対の特徴があると言える。現在は、市販の眼鏡の9割程度がプラスチックレンズである。

レンズの厚さについては、屈折率の高さによる。ガラスは屈折率が高いため、薄くできる。プラスチックレンズでも高い屈折率を実現させたものもあるが、まだガラスには遠く及ばず、さらにレンズ自体が高いという難点がある。

度数

近視用の眼鏡レンズであれば、概ねS/C/Aの3つの度数でレンズが選択される。

Aは度数法角度なので0〜180の範囲だが、SとCは「ジオプタ」(D)という単位で表現される。

SとCは、いくらでも細かく表現することはできるが、実用から、製品レベルでは0.25D単位で用意されることが多い。0.25Dより細かくしてもあまり差がないので、製品のラインナップは0.25D単位とし、これを「段」という単位で表わしている。

Aも、いくらでも細かく表現することはできるが、なぜか0°と180°ばかり売れている。製品としては10°単位で用意されているらしいが、眼鏡屋が180°ばかり売っているようである。

リンク
関連する用語
視力
めがねっ子
メガネっ娘

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic