通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 生殖系 > 雌性
羊膜
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:ようまく
外語:amnion
品詞:名詞

胎児を包む膜。この膜の中は羊水で満たされ、その中に胎児は浮かぶことになる。

この膜が破れて羊水が流出することを破水という。

羊膜は出産の際、子供と一緒に排泄される。例えば、子供が羊膜に包まれた形で産まれてくることになる。

羊膜はコラーゲンやラミニン、ニトゲンなどの蛋白質からなる厚い基底膜を持つ。従来、出産後の羊膜は排泄物とみなされていたが、近年では細胞の培養基質、また角膜移植に羊膜を使うなどの技術も確立されている。

リンク
関連する用語
羊水
破水
胎児
出産
関連する器官等
胎嚢

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic