通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙構造 > 太陽系 > 公転運動
自転周期
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:じてんしゅうき
外語:rotation period
品詞:名詞

天体自転により一回転するまでに要する時間。

概要

ここでいう一回転とは、実際に360°一回転することをいう。

しかし実際には、地球など惑星主星である太陽の周囲を公転しており空間を移動している。このため、太陽に対し同角度位置まで回転するには360°よりも多く回転が必要となり、自転周期よりも若干長い時間を要することになる。そして、この同じ角度まで回転する間が「一日」となる。

言いかえれば、惑星の自転周期は必ずその惑星の一日よりも短い。

リンク
関連する用語
自転
自転軸
太陽日
恒星日
公転周期

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic