通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 神経系 > > 脳幹
赤核
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:せきかく
外語:red nucleus
品詞:名詞

中脳のうち、広義の大脳脚に含まれる中脳被蓋の中で赤く見える部位のこと。ここは血管が沢山集まっているため赤く見える。

大脳皮質運動野小脳からの入力繊維があり(皮質赤核路・小脳核赤核路)、オリーブ核と脊髄に出力繊維がある(赤核オリーブ路・赤核脊髄路)。

この配線により赤核は運動野と小脳の間に介在することで、小脳による運動制御を可能としている。

リンク
器官の所属

脳幹
中脳
大脳脚
中脳被蓋
関連する器官
大脳皮質
運動野
小脳
脊髄

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic